1. 無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

aki

Author:aki
かお

Aki Repair Office
アキ リペア オフィス
aki
名古屋市緑区在住。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

補修びと
名古屋市でアルミ建材・木質建材の住宅補修を専門で行っている Aki Repair Office アキ・リペアオフィス代表 akiの実際に行った補修作業風景だよ。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  最後まで読んでくれてありがとうネ。 愛のいち ”ぽちっ” よろしくです^^

FC2ブログランキング

無垢フローリングのビス穴と欠けの補修
わたくしはご依頼先の工務店さんの関係もあり無垢材の補修に携わることが多いんですね。

無垢材にも表面加工されたものと純粋な無垢材があるのですが、
わたくしの場合ほとんどが純無垢材です。当然、自然塗料又は天然ワックスを
ワイピング(わかりやすく言うと、布なのですり込んで色をしみこませる方法)しての仕上がりです。

このような部材を補修する際の注意点は、まず、ペーパーがけは極力避けるということ。

何故かというと、自然塗料仕上げなのでペーパーをあてるとすぐに色が落ちてしまいます・・・
そこに再度着色すると、中々色が入らないんですよ。よって周りとの色むらができてしまうのです。

基本的には、艶スプレーなど塗布することができない(やらない)為、
パテを埋めて着色して違和感をなくして仕上げます。

ちなみに、艶スプレーを塗布すると、どんなつや消しを使っても艶が高くなり光ってしまいます。。。

これだけ見ると埋めて着色するだけだったら簡単に終わっちゃうじゃんって思いますよね。
確かに、場所によってはあっという間に終わってしまうんですが、
無垢材の補修って以外と難しいんですョ。


無垢床
   又釘のあと
無垢床
 パテを埋めたところ。左側の色はこの状態でもほとんど分からなくなりました。

無垢床
着色して仕上げた状態。

この写真は、比較的簡単に直った例です。

パテの色が合えば、写真のようにほとんど分からなくなります。が、
さすがにそれで終わりというわけにはいきませんので、きちんと直します。


アップで見るとこんな感じです。

無垢床  →  無垢床


こちらは、ビス穴です。

無垢床  無垢床

このままパテを埋めると痩せや欠落の原因となってしまうので、まずは穴をふさぎます。

無垢床

パテを埋めて平らにします。
無垢床

着色すると、こんな感じになります。

無垢床  無垢床

少し色が濃くなって若干違和感がありますよね。

でも、この角度で見てください。

無垢床

まったくと言っていいほどわからなくなっていませんか?


これが、難しい理由です。無垢材のほとんどが、このように着色をすると見る角度によって
光の反射の仕方が変わってしまうので違和感なく仕上げるのが中々難しいのです。。

この場所は物入れの中で、違和感なく見える写真の角度からしか見ないのでこれで完了です。
(実際中に入って見ても、写真のように濃く違和感あるようには見えないんですけどね・・)

どれも、大きさ的には小さなキズではありますが、手間はそう変わらないのが実際の所です。
(ちなみにこの部材は、自然塗料がはじめから塗布されているものです。)


もし自分で直すのであれば、埋めるだけでも十分いい感じになりますよ。

市販のコテを使って溶かすタイプの補修剤で直せますよ。


しかし、クレヨンは厳禁ですよ!

コーキングはもってのほかです!

どちらも、確実に悲惨な状態になって行きますので要注意です。


次回は、そのやってはいけないもので簡易的に埋めてあるキズを直す作業をアップしますね^^





 



スポンサーサイト

  最後まで読んでくれてありがとうネ。 愛のいち ”ぽちっ” よろしくです^^

FC2ブログランキング

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント
無垢材の補修
一番上のチーク材? の又釘は 本当なら付くはずの巾木がない為、出てしまったのでしょうね。それにしても なぜ巾木が付かないのでしょうね?
壁は自然素材のようだし・・・

しかしこんな壁ギリギリの場所の補修は 大変だったでしょうね。
無垢材の補修は一般のフローリング材より 難しい事 判りやすかったですよ。。。
【2008/10/24 07:29】 URL | オオカントク #- [ 編集]


ぅちはフローリングを無垢材で検討してるんですが、
ジュピーノハードタイプ(WOODONE)ってやつです。
無垢材は捨てがたいんですが、メンテナンスが大変そうなイメージがぁります。
なにかオススメの無垢材はぁりますか?
【2008/10/24 10:11】 URL | yosiuri #- [ 編集]


オオカントクさん
ありがとうございます~。
さすがですね。おっしゃるとおりチーク材で本来巾木が付く予定だったところです。
ここは、80cm程の袖カベでお施主さま都合で巾木がなくなったそう・・・
その他の所はちゃんと付いてましたよ^^
カベはドライウォール工法だそうです。
壁ギリギリなので、養生しなければいけないのですが、テープを貼ると剥がす時に
一緒に壁の塗料まで起こしてしまいそうでひやひやでした ・・;


yosiuriさん
コメントありがとうです。
ジューピーノは確かウッドワンの商品でパイン材だったと思います。
無垢材っていう感じのなかなかいいものだと思いますよ^^
お薦めの無垢材はですね~、yosiuriさんが氣に入った商品だと思います^^
フローリングに限らず好みって必ず出てくると思うんです。
ただ、アドバイスするとしたら、無垢材の特徴をしっかりと把握しておく事かな~。
一長一短あるからね。いいものは値段も張るし・・・(TT)
本職さんに聞いた方がいいような氣が・・・・
どうしても、補修と言う観点から見てしまう・・;
なので、補修屋から見たフローリングのことを今度アップしますね♪


【2008/10/24 23:21】 URL | aki #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aro3.blog107.fc2.com/tb.php/79-8868bddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。